NSD サイレンティー
4/32

ドアの遮音性 ドアの遮音性とは室外から室内へ侵入する音、室内から室外へ漏れる音をどれくらい遮る ことができるかを表す性能です。 遮音性能を持ったドアは一般的には「防音ドア」と呼ばれています。 ※遮音性の単位は周波数ごとにどれくらい音を遮ることができるかをいいdB(デシベル)で表します。 《騒音環境値を求める式》 ある部屋の騒音環境値は次の式で求められます。 《遮音性等級(遮音性能値)》 ドアの遮音性には、JIS A4702-2015の規定により下記の等級が 決められています。 遮音性等級が大きいほど、性能が優れています。 等 級 T―1 T―2 T―3 T―4遮音等級線 T―1等級線 T―2等級線 T―3等級線 T―4等級線 旧 等 級 Ts25等級線に適合すること Ts30等級線に適合すること Ts35等級線に適合すること Ts40等級線に適合すること 《騒音環境の目安》 一般的に騒音環境を表す基準は以下の通りです。 例えば、一般のグレモンハンドル付防音ドアと「サイレンティー BD30-2M」を比較してみると、こうなります。 「サイレンティーBD30-2M」 グレモンハンドル付防音ドア 50dB80dB50dB80dB110 100 90 80 70 60 50 40 30 20自動車の警笛(1m前)、プレスの機械の音 ピアノの音、電車通過時のガード下 ボーリング場、電車の中 幹線道路の交差点、バス程度 街頭、タクシー程度 デパートの中、普通の会話 静かな事務所 静かな公園 郊外深夜 ささやき 聴力機能 障  害 極めて うるさい うるさい 日常生活で 望ましい範囲 静か 騒音レベル dB身近にある生活環境 騒音感覚 3125  250  500  1000 2000  400050 40 30 20 10 0中心周波数(Hz) 音響透過損失(dB) T―2等級線 T―1等級線 T―3等級線 T―4等級線 遮音等級線 「サイレンティー」の遮音性能 ある場所の外部騒音レベル ドアの遮音性能値 室内騒音環境値 - = ●本カタログのドアセットに示されている遮音性能は、JISで定められた方法により実験室で測定した測定値です。 ●実際の建築物の現場で測定したときと実験室とは音場(※)が異なるので、両者の測定値に差異が生じます。 (※)音場:音波の存在する空間 遮音性等級T-2は、30dBの音を遮る性能を示します。(500Hz以上)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です